「年収」や「給料」の話ばかりする人が、永遠に幸せになれない理由

「年収」や「給料」の話ばかりする人が、永遠に幸せになれない理由

Photo: Adobe Stock

一冊の「お金」の本が世界的に注目を集めている。『The Psychology of Money(サイコロジー・オブ・マネー)』だ。ウォール・ストリート・ジャーナル紙のコラムニストも務めた金融のプロが、ビジネス、投資、資産形成、経済的自立のために知っておくべき教訓を「人間心理」の側面から教える、これまでにない一冊である。世界43ヵ国で刊行され、世界的ベストセラーとなった本書には、「ここ数年で最高かつ、もっとも独創的なお金の本」と高評価が集まり、Amazon.comでもすでに1万件以上の評価が集まっている。本書の邦訳版『サイコロジー・オブ・マネー 一生お金に困らない「富」のマインドセット』から、その一部を特別に公開する。

■「富の比較ゲーム」に参加してはいけない

 年俸50万ドルの新人野球選手がいるとする。世間一般の基準からすれば相当なお金持ちだ。しかし同じチームにいる、12年、4億3000万ドルで契約しているマイク・トラウトと比べれば、このルーキーは一文無しも同然だ。

 2018年のヘッジファンドマネージャー高収入トップ10に名を連ねるために必要な3億4000万ドル以上の年収に比べれば、1年当たり約3600万ドルというトラウトの収入もわずかなものにしか感じられなくなる。

 同じく、2018年の高収入トップ5にランクインしているヘッジファンドマネージャーの年収7億7000万ドルと比べれば、トップ10のヘッジファンドマネージャーの収入もずいぶんと見劣りする。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)