【衝撃】ささやかれはじめたGE解体論

【衝撃】ささやかれはじめたGE解体論

Photo: Adobe Stock

多くの日本人は気づいていなかったが、2000年以降のアメリカでこの100年起こっていなかった異変が進行していた。発明王・エジソンが興した、決して沈むことがなかったアメリカの魂と言える会社の一社、ゼネラル・エレクトリック(GE)がみるみるその企業価値を失ってしまったのだ。同社が秘密主義であることもあり、その理由はビジネス界の謎であった。ビル・ゲイツも「大きく成功した企業がなぜ失敗するのかが知りたかった」と語っている。その秘密を20数年にわたって追い続けてきたウォール・ストリート・ジャーナルの記者が暴露したのが本書『GE帝国盛衰史 「最強企業」だった組織はどこで間違えたのか』(ダイヤモンド社刊)だ。電機、重工業業界のリーダー企業だったこともあり、常に日本企業のお手本だった巨大企業の内部で何が起きていたのか? 株価の下落を受けて、もはやコングロマリット経営は、機能しないのではという疑いが生まれるのは当然のことだった。(訳:御立英史)

■ジャック・ウェルチの叱責

 株価の急降下に追い討ちをかけるように、ウェルチがCNBCの生番組に出演し、イメルトを痛烈に批判した。GEへの信頼が揺らぎはじめていた投資家を、崖から突き落としたのである。

「ジェフはしくじった」とウェルチは言った。「たった3週間前に約束したことを果たせなかったのだから、信用問題だ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)