オバマ政権下の上級エコノミストがDXの極意を語る「補完的資産への投資がカギ」

オバマ政権下の上級エコノミストがDXの極意を語る「補完的資産への投資がカギ」

Photo Courtesy of Robert Seamans

ニューヨーク大学(NYU)スターン経営大学院で企業のテクノロジー戦略を研究するロバート・シーマンズ准教授は、自他ともに認める「テクノ・オプティミスト(テクノロジー楽観主義者)」だ。2015年、2期目のオバマ大統領に任命され、大統領経済諮問委員会(CEA)上級エコノミストに。ロボットや人工知能(AI)など、先進テクノロジーと経済の関係を研究する傍ら、政策も提言した。日米企業が生き残りを懸けてAI・デジタルトランスフォーメーション(DX)戦略を競う中、「AI活用は『ゼロサムゲーム』だ。勝ち組は負け組の損失を糧にして成長し、負け組はいずれ滅びる」と警鐘を鳴らすシーマンズ准教授に、話を聞いた。(ニューヨーク在住ジャーナリスト 肥田美佐子)

■「補完的資産」全般への投資を行わずにAIのみに投資するのはただの無駄

――生産性向上などを掲げて、人工知能(AI)を導入する企業は増えていますが、成果は一朝一夕には上がらないという声をよく耳にします。うまくいくかどうかは、単に「時間をかけて取り組んでいるかどうか」の問題なのでしょうか。

ロバート・シーマンズ(以下、シーマンズ) いえ、違います。確かに時間はかかりますが、時間をかけさえすればうまくいく、というものではありません。

 重要なのは、ほかの「補完的資産」に十分な投資を行うことです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)