絶対に破綻するはずがない最強企業に訪れた危機

絶対に破綻するはずがない最強企業に訪れた危機

Photo: Adobe Stock

多くの日本人は気づいていなかったが、2000年以降のアメリカでこの100年起こっていなかった異変が進行していた。発明王・エジソンが興した、決して沈むことがなかったアメリカの魂と言える会社の一社、ゼネラル・エレクトリック(GE)がみるみるその企業価値を失ってしまったのだ。同社が秘密主義であることもあり、その理由はビジネス界の謎であった。ビル・ゲイツも「大きく成功した企業がなぜ失敗するのかが知りたかった」と語っている。その秘密を20数年にわたって追い続けてきたウォール・ストリート・ジャーナルの記者が暴露したのが本書『GE帝国盛衰史 「最強企業」だった組織はどこで間違えたのか』(ダイヤモンド社刊)だ。電機、重工業業界のリーダー企業だったこともあり、常に日本企業のお手本だった巨大企業の内部で何が起きていたのか? 2008年の金融危機の際に、絶対破綻などあり得ないと思われた同社に危機が訪れた。(訳:御立英史)

■ドミノ倒しの予感

 CP発行の抑制について、GEのプレスリリースは、「需要は依然として大きいが」、債務状況を考慮して選択したと述べている。イメルトもシェリンも、現在の不確実性を考慮すると、より多くのキャッシュを持つこと、特にGEキャピタルに持つことは、慎重な方策であるだけでなく、「今後18ヵ月間に予定しているM&A(合併と買収)」も進めやすくなると指摘している。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)