「Amazonのドローン配送」が始まる!事なかれ主義で取り残される日本の末路

「Amazonのドローン配送」が始まる!事なかれ主義で取り残される日本の末路

写真はイメージです Photo:PIXTA

ついに米アマゾン・ドット・コムによる一般向けドローン配送サービスが、米国の一部地域で年内に始まるという。世界では配送だけでなく、テロ対策や危険エリアの視察などでも活用事例が相次いでいる。片や日本はドローンに対する規制が厳しく、その潮流から取り残されている。事なかれ主義でドローンを拒み続けていては、日本は取り返しのつかない末路を迎えることになるだろう。(イトモス研究所所長 小倉健一)

■アマゾンがドローン配送を開始へ戦争や暗殺のためだけの道具ではない

 今年に入っての「ドローンの大活躍」は、戦争や暗殺など物騒なことばかりが注目されている。

 日本でも首相官邸の屋上にドローンが突入したことを記憶している人がいるかもしれないが、米国でも大統領のいるホワイトハウスにドローンが迷い込んだことがある。大統領専用機とニアミスしたことすらある。

 特に日本では、「ドローンは悪いことをする」イメージばかりが先行してしまったようで、おもちゃに近いドローンに対しても、厳しい規制がされている。

 とはいうものの、ドローンは非常に便利な道具でもある。そして、安価だ。

 犯罪を防止したり、荷物を運んだり、災害などで人間がいけないところへの監視・視察ができる。そのように海外では、社会をよりよくするために活躍をしている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)