「今日はご馳走しますね」と言われたら、感じいい人は何と返事する?

「今日はご馳走しますね」と言われたら、感じいい人は何と返事する?

Photo: Adobe Stock

他人とのコミュニケーションは、気を遣うし疲れます。
けれどなるべくラクに、自分らしく、たのしく会話したいもの。そして良い印象も与えたい! ですよね。
この連載では、日本郵政や法務省、日本コカ・コーラ、日産自動車、日本アイ・ビー・エムなど多くの省庁や企業で講演や研修を担当し、15年間にわたって約7万人の老若男女にコミュニケーションを教えてきた『オトナ女子のすてきな語彙力帳』の著者、吉井奈々さんが「自然体のまま」で「相手も自分も大切にするコミュニケーション」のコツをご紹介します。

■感じいい人は、へりくだり過ぎない

 飲み会や会食など、飲食店でごちそうになった時に、なんと伝えますか?「ありがとうございます」とお礼を伝えるのはもちろんですが、さらに、

「出してもらって、なんだかすみません」

 などと、申し訳ないというニュアンスの言葉を口にしていないでしょうか?

 決して間違いではありませんが、相手はご馳走したいと思ったから、支払いを買って出てくれているのです。その心意気を大切にできるといいですよね。

「ごちそうさまでした。とてもおいしかったです!」

 こんな風に、謝るよりも素直に「ごちそうさま」を伝えましょう。もちろんお礼と笑顔も忘れずに。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)