【自己効力感】勉強のやる気を回復させる方法

【自己効力感】勉強のやる気を回復させる方法

Photo: Adobe Stock

韓国で45万部の超ロングセラーが発売から7年、いよいよ日本に上陸。韓国で社会現象を巻き起こした『勉強が面白くなる瞬間』。この本を読んで、学生の98.4%が「勉強をしたくなった」と証言! なぜ、勉強をしなかった人たちが勉強に夢中になるのか。10代〜70代の世代を超えて多くの人が共感。そこにノウハウは一切ありません。ただ、この本を読んだ人にはわかることでしょう。執筆に8年かかったとされる『勉強が面白くなる瞬間』から、その驚くべき内容を紹介する。
今回は、東大生500人以上、医大生2000人以上を輩出した敏腕講師である『理系読書 読書効率を最大化する超合理化サイクル』の著者・犬塚壮志氏にインタビュー。『理系読書』は、超合理的な知的生産システム。ムダ嫌いな理系が生んだ成果を最短最速で出す方法で、それはまるで理科の実験のよう。最短最速で著者の経験知やノウハウを自分の頭にインストールし、自分の問題解決に役立てる至極の読書術。これまで多くの子を合格に導いてきたが、勉強ができる子と勉強が苦手な子、何が違うのか? そこには、やはり「習慣」がキーになりそうだ。

■「勉強ができていた頃に戻る」が鉄則

――『勉強が面白くなる瞬間』著者は、ソウル大学法学部や医大に合格しています。文系、理系、それぞれ試験を突破するのに、必要な能力はあるのでしょうか?

 私はこてこての理系ですが、東大の理Vを受かる子をいっぱい見てきて思うことは、文系科目、できちゃうんですよね。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)