ドキュメンタリー映画「失われた時の中で」が教えてくれる、明日への希望

ドキュメンタリー映画「失われた時の中で」が教えてくれる、明日への希望

ドキュメンタリー映画「失われた時の中で」が教えてくれる、明日への希望の画像

「SDGs」「ダイバーシティ&インクルージョン」という言葉がメディアをにぎわす一方で、「戦争」という言葉がいまだ過去のものにならない現代社会。そうしたなか、今年2022年の夏、生命と時間と愛の尊さを感じさせてくれるドキュメンタリー映画が公開される――『失われた時の中で』(監督・撮影:坂田雅子)。ベトナム戦争の枯葉剤被害者を丹念に見つめた作品だ。フォトジャーナリストとして活躍していた夫の死、50代半ばで始めた映画制作、そして、ベトナムで出会った多くの人たちとの触れ合い……坂田雅子監督が、過去と未来をつなぐ“いま”を語る。(ダイヤモンド・セレクト「オリイジン」編集部)

* 本文中の写真は、映画『失われた時の中で』より(写真提供:リガード)

■夫を亡くした絶望感から一歩踏み出したことで…

 坂田雅子さん(映画『失われた時の中で』監督・撮影)は、いまから19年前の2003年5月に、夫のグレッグ・デイビスさんを亡くした。ベトナム戦争の米軍兵士で南ベトナムに駐留したグレッグさんは、1970年に京都で坂田さんと出会い、世界を駆け巡るフォトジャーナリストとして活躍していたが、肝臓がんによって55歳で急逝した。わずか2週間の入院生活。坂田さんにとってはあまりにも突然の別れだった。

坂田 夫が亡くなったときは、私は本当に絶望していました。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)