【追悼】歌手オリビア・ニュートン・ジョン、その魅力と「旭日小綬章」授与の功績とは

【追悼】歌手オリビア・ニュートン・ジョン、その魅力と「旭日小綬章」授与の功績とは

「フィジカル/40周年記念デラックス・エディション」(VMLAS)のカバージャケット

オリビア・ニュートン・ジョンが2022年8月8日に73歳で亡くなった。1948年生まれだから日本でいえば団塊の世代、80歳を超えるポール・マッカートニーやリンゴ・スターに比べたら若い。まだまだ歌っていてほしかった歌手だ。彼女の活動と魅力を振り返り、追悼の意を示したい。(コラムニスト 坪井賢一)

■透明感のあるハイトーン・ボイスとキュートな笑顔で世界を魅了

 オリビア・ニュートン・ジョンは、日本においては1975年に大ヒットした「そよ風の誘惑」でスーパースターの仲間入りをした。イギリス出身だが、5〜6歳でオーストラリアへ移住しているので、イギリス系オーストラリア人ともいえる。

 ずっとオーストラリア在住だったわけではなく、デビュー後はイギリスへ戻り、のちにアメリカに移り、亡くなったのもアメリカだった。

 透明感のあるハイトーン・ボイスが心地よく、さわやかな物腰とキュートな笑顔で世界を魅了した。1970年代から2020年代までこれほど多くの楽曲をリリースし続けた歌手は、そう多くはない。万人が引かれる稀有な歌手だった。

 それにしても「そよ風の誘惑」とは、意訳どころか創作されたタイトルだ。原題は「Have You Never Been Mellow?」で、「安らぎを得たことはないの?」といった意味だろう。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)