【精神科医が教える】ひどいことをされているのに、「この人には私しかいない」と思ってしまう危機的な心理状態

【精神科医が教える】ひどいことをされているのに、「この人には私しかいない」と思ってしまう危機的な心理状態

Photo: Adobe Stock

「私は本当はどう思っているんだろう?」「あの人の気持ちが知りたい」。自分と他人の心の“真実”を見つけたい人におすすめなのが、2022年8月3日発売の『こころの葛藤はすべて私の味方だ。』だ。著者の精神科医のチョン・ドオン氏は精神科、神経科、睡眠医学の専門医として各種メディアで韓国の名医に選ばれている。本書は「心の勉強をしたい人が最初に読むべき本」「カウンセリングや癒しの効果がある」「ネガティブな自分まで受け入れられるようになる」などの感想が多数寄せられている。本書の原著である『フロイトの椅子』は韓国の人気女性アイドルグループ・少女時代のソヒョン氏も愛読しているベストセラーだ。ソヒョン氏は「難しすぎないので、いつもそばに置いて読みながら心をコントロールしています」と推薦の言葉を寄せている。自己啓発書では物足りなくなった読者に、自分と他人の本心を探り、心の傷を癒すヒントをくれる1冊。今回は日本版の刊行を記念して、本書から特別に一部抜粋・編集して紹介する。

■嫌いになって当然なのに、愛してしまうのはなぜ?

「反動形成」とは、受け入れがたい感情や衝動を抑えるために、正反対の行動をとることです。

たとえば、本当は嫌いなのに愛してしまうといった現象です。

このような行動をとってもその下に隠れている憎しみが消えるわけではありません。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)