「守」と「攻」と「絆」で親の財産を守りなさい

「守」と「攻」と「絆」で親の財産を守りなさい

Photo: Adobe Stock

「このまま」今の仕事を続けても大丈夫なのか? あるいは「副業」をしたほうがいいのか? それとも「起業」か、「転職」をすべきなのか? このように感じたとしたら、それは皆さんの考えが正しい。なぜなら、今感じているお金に対する不安は、現実のものとして近づいているからです。無収入となる65歳から70歳、もしくは75歳までの空白期間を、自己責任で穴埋めしなければならなくなる未来が、相次ぐ法改正でほぼ確定しました。
そんな人生最大の危機がいずれ訪れますが、解決策が1つだけあります。それはいますぐ、「稼ぎ口」を2つにすること。稼ぎ口を2つにすれば、年収が増えて、節税もでき、お金が貯まるからです。新刊『40代からは「稼ぎ口」を2つにしなさい 年収アップと自由が手に入る働き方』では、余すことなく珠玉のメソッドを公開しています。受講者は6000人に及び、その9割が成功。さぁ、新しい働き方を手に入れましょう!

■帰省時に親に話しておきたいお金の話

「親孝行したいときには親はなし」といいます。その日は突然やってきますが、親孝行できなくなるだけでなく、相続という悩みも一緒にやってきます。お金の話は親子間でもタブーですし、兄弟が絡むとさらに厄介です。

 しかし、だからといって見て見ぬふりをすると、一族そろって不幸になりかねません。そこで、いざというときに慌てふためかないように、最低限の対策をマニュアル化しました。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)