【NHK『100分de名著』で話題】「生命とは何か?」の3つの根本的な回答

【NHK『100分de名著』で話題】「生命とは何か?」の3つの根本的な回答

Photo: Adobe Stock

ノーベル生理学・医学賞を受賞した生物学者ポール・ナースの初の著書『WHAT IS LIFE?(ホワット・イズ・ライフ?)生命とは何か』が世界各国で話題沸騰となり、日本語版が刊行されると、朝日新聞(2021/5/15)、読売新聞(2021/5/3)、週刊文春(2021/5/27号)と書評が相次いだ。「NHK 100分de名著 for ティーンズ」(2022年8月放送)でも紹介されるなど大きな反響を呼んでいる。
本書の訳者竹内薫氏に『WHAT IS LIFE?(ホワット・イズ・ライフ?)生命とは何か』の読みどころや魅力について語ってもらった。(取材・構成/田畑博文)

■ウイルスは生物か?

――『WHAT IS LIFE?(ホワット・イズ・ライフ?)生命とは何か』が発売されて1年半がたちました。本書は5万部を超えるベストセラーとなり、「NHK 100分de名著 for ティーンズ」(2022年8月放送)でも紹介されるなど大きな反響を呼んでいます。本書の魅力や読者からの反響について、改めて教えてください。

竹内薫(以下、竹内):読者からは「生物学の最新の知見が非常にわかりやすかった」というコメントをたくさんいただきました。

 また、「ポール・ナースさんの温かい人柄がよく出ている」というコメントも多かったです。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)