【NHK『100分de名著』で話題】ノーベル賞科学者もやっている「成功する人」に共通するたった1つのこだわり

【NHK『100分de名著』で話題】ノーベル賞科学者もやっている「成功する人」に共通するたった1つのこだわり

Photo by Fiona Hanson

ノーベル生理学・医学賞を受賞した生物学者ポール・ナースの初の著書『WHAT IS LIFE?(ホワット・イズ・ライフ?)生命とは何か』が世界各国で話題沸騰となり、日本語版が刊行されると、朝日新聞(2021/5/15)、読売新聞(2021/5/3)、週刊文春(2021/5/27号)と書評が相次いだ。「NHK 100分de名著 for ティーンズ」(2022年8月放送)でも紹介されるなど大きな反響を呼んでいる。
本書の訳者竹内薫氏に『WHAT IS LIFE?(ホワット・イズ・ライフ?)生命とは何か』の読みどころや魅力について語ってもらった。(取材・構成/田畑博文)

■2001年にノーベル生理学・医学賞を受賞

――『WHAT IS LIFE?(ホワット・イズ・ライフ?)生命とは何か』の著者であるポール・ナースは科学者として、どのような業績を残しているのでしょうか。改めて教えてください。

竹内薫(以下、竹内):ポール・ナースは、細胞周期研究での業績が評価され、2001年にノーベル生理学・医学賞を受賞しています。

 細胞周期とは、細胞が分裂してから、次に分裂するまでを一区切りのくりかえし、すなわち周期ととらえるのです。細胞が周期的に分裂するのは、規則正しく正常ということ。

 がん化した細胞では、細胞周期が規則正しく進行しません。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)