【グレアム・アリソン著『米中戦争前夜』より】一気にエスカレートして起こる米中の全面戦争 5つのシナリオのうち「2.台湾の独立」

【グレアム・アリソン著『米中戦争前夜』より】一気にエスカレートして起こる米中の全面戦争 5つのシナリオのうち「2.台湾の独立」

グレアム・アリソン(Graham Allison)
政治学者。ハーバード大学教授
同大ケネディ行政大学院初代学長、同大ベルファー科学・国際問題研究所長を務めた。専門は政策決定論、核戦略論。レーガン政権からオバマ政権まで国防長官の顧問を、クリントン政権では国防次官補を務めた。著書には1971年に刊行され今も政策決定論の必読文献である『決定の本質――キューバ・ミサイル危機の分析』(中央公論新社、日経BP社)のほか、『核テロ――今ここにある恐怖のシナリオ』(日本経済新聞社)、『リー・クアンユー、世界を語る』(サンマーク出版)、『米中戦争前夜 新旧大国を衝突させる歴史の法則と回避のシナリオ』などがある。

アメリカの安全保障の実務にも精通するグレアム・アリソン・ハーバード大学教授がまとめた、2017年米アマゾンのベストセラー歴史書『米中戦争前夜 新旧大国を衝突させる歴史の法則と回避のシナリオ』には、米中両国が対立を深めるシナリオを5つ提示している。そのうちの1つとして挙げられている「2.台湾の独立」は今の世界情勢にも示唆を与えてくれるので、紹介しよう。

■全面的な核戦争に至る44段階のステップ

 未来学者のハーマン・カーンは1960年代、「危機前の駆け引き」から「全面的な核戦争」までの間には、44段階のステップがあると論じた。第一段階は「表面的な危機」、つまり火花だ。

 カーンによれば、二つの国がこの階段を1段ずつ上っていくことは、めったにない。環境的な条件と加速要因によっては、数段飛ばすこともあるというのだ。それぞれの国は、各段階で自分の相対的な位置を評価し、もっと上に行ったらどうなるかを計算する。するとある時点で、これ以上階段を上るよりも、膠着や敗北を受け入れたほうがいい、という判断が生じる場合がある。あるいは、現時点ではこちらが有利だが、もっと上の段に行くと相手のほうが有利になる、ということも多い。どちらも自分が優位にあるときに和解したいが、そのためには、もっと上の危険な段に行けば自分のほうが有利になると知っている相手が、それを断念するだけの条件を用意する必要がある。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)