締切が過ぎても連絡がない!感じいい人は、何と催促する?

締切が過ぎても連絡がない!感じいい人は、何と催促する?

Photo: Adobe Stock

他人とのコミュニケーションは、気を遣うし疲れます。
けれどなるべくラクに、自分らしく、たのしく会話したいもの。そして良い印象も与えたい! ですよね。
この連載では、日本郵政や法務省、日本コカ・コーラ、日産自動車、日本アイ・ビー・エムなど多くの省庁や企業で講演や研修を担当し、15年間にわたって約7万人の老若男女にコミュニケーションを教えてきた『オトナ女子のすてきな語彙力帳』の著者、吉井奈々さんが「自然体のまま」で「相手も自分も大切にするコミュニケーション」のコツをご紹介します。

■感じいい人は「どうなってますか?」とは言わない

 相手から連絡がない時や、締切なのに提出物が届かない時などに、催促するのって、難しいですよね。普段、こんな風に催促していませんか?

「〇〇の件、どうなってますか?」

 決して間違いではありませんが、ストレート過ぎる印象です。相手によってはキツイ言い方だな…と思うかもしれません。

 約束の期日が近づいたら、

「〇〇の件で、リマインドさせていただきます」

 とまずは伝えてみましょう。前もってひと言、リマインドしておくと丁寧です。リマインドは「思い出させる」や「気づかせる」という意味で、やわらかい感じになります。

■相手を責めない、やさしさのある催促とは?

 もし確認してほしい案件の返事がない時は、こんな一言を。

「念のため再送させていただきますので、ご確認ください」

「念のため」のひと言を添えると、相手の過失と決めつけない、やさしさのある言い回しになります。

 連絡がしばらく途絶えている時は、

「体調を崩されてはいらっしゃいませんか?
ご連絡のほど、お待ちしております」

 連絡できないほど相手は忙しいのかもしれません。体調面に気遣いながら、やわらかく状況の確認をしましょう。

■期日3日前のリマインドがポイント

 催促の連絡は、なるべくならしたくないものですね。期日を過ぎていたらなおさらです。絶対に間に合わせてほしい場合や、ちょっと怪しいかな……? と思う相手には、期日3日前にリマインドメールを送ってみましょう。

 その際、相手の状況や体調を気遣う言葉から始め、やんわりと状況を伺うと、相手も答えやすくなります。

『オトナ女子のすてきな語彙力帳』では、無理なく自然体でできるコミュニケーションのヒントをたくさん紹介しています。ぜひチェックしてみてくださいね。
(本記事は『オトナ女子のすてきな語彙力帳』をもとに編集しています)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?