北朝鮮がミサイル連発の中、日韓政権「支持率急落」で共倒れ危機の深刻

北朝鮮がミサイル連発の中、日韓政権「支持率急落」で共倒れ危機の深刻

写真はイメージです Photo:PIXTA

北朝鮮が4日に同国内陸部から発射した弾道ミサイルは、日本の東北地方上空を通過し、太平洋上の日本の排他的経済水域(EEZ)の外に落下したとみられる。北朝鮮は核実験まで、すでに秒読み段階でもある。日韓政権の支持率が急落する中、東アジア情勢は危機的な状況になりつつある。(政治・教育ジャーナリスト/大妻女子大学非常勤講師 清水克彦)

■日本の「分断」をこぞって伝えた韓国メディア

 安倍晋三元首相の国葬が執り行われた9月27日の夜、筆者はソウルにいた。現地の主なテレビニュースは、こぞってその様子を取り上げ、弔辞を読み上げる岸田文雄首相や菅義偉前首相、そして大規模な反対デモの様子、さらには、列席した韓国の韓悳洙(ハン・ドクス)首相やアメリカのハリス副大統領の姿を映し出した。

 翌朝の有力紙でも、社説にこそ取り上げなかったものの、一般記事として1面や2面で報道した。そこで筆者の目に付いたのが「分断」というワードであった。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?