スマートフォンと「自分の意見を発信する力」が次の時代の扉を開く

スマートフォンと「自分の意見を発信する力」が次の時代の扉を開く

藤原和博 (ふじはら・かずひろ)教育改革実践家。奈良市立一条高等学校校長。元リクルート社フェロー。1955年東京生まれ。1978年東京大学経済学部卒業後、株式会社リクルート入社。1996年同社フェローとなる。2003年より5年間、都内では義務教育初の民間校長として杉並区立和田中学校の校長を務める。2008年〜2011年、橋下大阪府知事の特別顧問。2014年から佐賀県武雄市特別顧問。2016年、奈良市立一条高等学校校長に就任。

藤原和博氏の最新刊『10年後、君に仕事はあるのか?』が売れている。人工知能の進化やスマホで世界中の人間が繋がった、仕事が消滅していく時代を生き抜くための術を高校生に語りかける内容の書籍だ。学生だけでなく、教師や保護者からも大きな反響を呼んでいる。発売から約3ヵ月が経過した今、藤原氏にお話を伺った。(聞き手:書籍編集部)

―― 一条高校に着任されてから約1年が経過しました。最近実感されている学校や生徒の変化はありますか。

藤原 奈良県下で一条高校がもうすでに倍率が一番高い学校になっています。応募、入学の倍率ですね。それは一条高校が、奈良で一番通いたい高校になっているということです。その意味で、学校全体が活性化している、もしくは追い風が吹いているということがまずあると思います。

 一条高校OGの河瀬直美監督の短編作品「パラレルワールド」では、一条高校がロケ地となりました。こういったことも、追い風に繋がっていくと思います。

 それから、「よのなか科」という、アクティブ・ラーニングの見本となる授業をずっと土曜日に課外授業でやっているのですが、この1月から生徒自身が先生になって「よのなか科」の授業をやるという、新しい取り組みを始めました。

 ある特定のテーマについて下調べをして、それをパワーポイントで5分間、授業に参加した50〜60人の生徒と大人にまず、基本的な知識を入れる。そのあとディベートやブレストで協働的な学習をやったあとに、「C-Learning」というソフトを使って、スマホで自分の意見を発信し全体で共有するということをやっています。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)