PCメーカーからエンタープライズベンダーへ EMCを手中に収めたデルが狙うもの

PCメーカーからエンタープライズベンダーへ EMCを手中に収めたデルが狙うもの

Dell EMC Worldの基調講演の様子。顧客のロゴをバックに。これまでになく長いスピーチで、集まった顧客やパートナーに訴求した

コンピューター、サーバーなどの法人向けハードウェア市場が大きな変革期を迎えている。これまでのように自社でデータセンターを構築するモデルから、クラウドを利用してリソースを必要に応じて購入するモデルが人気を集めていることが主な要因だ。PCからサーバーへとエンタープライズ領域に拡大してきたDellはここで、ストレージ大手EMCを買収するという決断を下す。EMCを飲み込んだDell創業者のMichael Dell氏が5月、米ラスベガスで開催された新生Dell EMCのイベント「Dell EMC World」にて、アジア太平洋地区の記者の質問に応じた。

■1社から企業ITのすべてを調達したい顧客のニーズに応える

 DellがEMCを670億ドルで買収すると発表したのは2015年秋のことだ。買収は2016年9月に完了、社名は新たに「Dell Technologies」として発足した。

 Dell Technologiesの下、EMCは「Dell EMC」に、DellのPC事業は「Dell」となり、VMware、Pivotal、Virtustream、RSA SecurityとEMCが“フェデレーション”として抱えてきた子会社、それにDellのセキュリティ事業SecureWorksが入り、7事業を擁する巨大ベンダーが誕生した。

 EMC買収と同時期にライバルHewlett-PackardはPCとエンタープライズ事業を分割して、それぞれHPとHewlett Packard Enterprise(HPE)としてスタートしている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)