横浜市立大学がデータサイエンス学部をつくるわけ

横浜市立大学がデータサイエンス学部をつくるわけ

岩崎学(いわさき・まなぶ)横浜市立大学国際総合科学群・教授/データサイエンス推進センター・センター長成蹊大学理工学部・教授(併任)1952年、静岡県浜松市生まれ。1977年、東京理科大学大学院理学研究科数学専攻修士課程修了。その後、茨城大学工学部情報工学科、防衛大学校数学物理学教室、成蹊大学理工学部情報科学科を経て、2017年より現職。2015年より日本統計学会会長を務める。理学博士。

シリーズ47万部を突破した異例のベストセラー『統計学が最強の学問である』の著者・西内啓氏が、識者と統計学をテーマに語り合う対談企画。

新たなゲストとして、日本統計学会会長の岩崎学先生を迎え、現代の大学での統計学教育や人工知能ブームの統計学への影響などについてお話をしていただきました。(構成:長谷川リョー/撮影:梅沢香織)

■統計学教育の課題は何よりも「教員不足」

――本日はご足労いただき、ありがとうございます。先日ニュースにもなりましたが、2018年度に横浜市立大学がデータサイエンス学部を開設するとのこと。そして西内さんがアドバイザーとしてその準備に協力される予定とお聞きしています。今日は西内さんと、データサイエンス学部の中心メンバーの一人である岩崎先生に、統計学をめぐる最新の状況や、噂の新学部について伺わせてください。


西内 わかりました。まずは、昨今の大学における統計学教育の状況からお話できればと思います。
『統計学は最強の学問である』を出す前の、統計学ブームが訪れていない頃。たとえば東大で統計学を教えている計数工学科はあまり人気がなくて、あまり成績が良くなくても進学できた時代もあったそうなのですが、最近では、志望者がどんどん増えて人気学科になりつつあるみたいです。

岩崎 西内さんの貢献は本当に大きかったと思いますね。加えて統計学自体のトレンドもあって、最近ではどこの大学でも志望者が徐々に増えていると思います。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)