低所得世帯の食事は「主食頼み」、満腹より栄養に注目を

 国立健康・栄養研究所の調査によると、世帯収入が低い家庭は摂取エネルギーを専ら米やパンなど主食に頼り、野菜や果物、魚介類を食べないようだ。

 研究者らは、2011年度と12年度の国民健康栄養調査に回答した5475世帯、1万1015人(年齢20〜79歳、男女比はほぼ1対1)の食事内容と世帯収入との関係を分析。食事の内容については全国300カ所の地域を無作為に抜き出して、11月のある日の献立を調査している。

 年間の世帯年収は、(1)低め(200万円未満)、(2)中間(200〜600万円)、(3)高め(600万円以上)の3分類で自己申告してもらった。世帯年収のグループをみると、低所得層では、単身で年齢60〜79歳のいわゆる「独居老人」が多いことが目につく。

 調査の結果、個人の1日の総摂取エネルギー量は中間層が最も多く、年収が低い層は最も少なかった。基準値の年収が高い世帯の平均摂取エネルギー量は1885キロカロリーだった。

 参考までに日本人の食事摂取基準では、50代の標準体形の日本人男性の必要エネルギー量は2100〜2800キロカロリー、女性は1650〜2200キロカロリーである(活動量で変動)。

 年収別に食事の内容を比較したところ、年収が低い世帯は「穀物」──ご飯やパンなど主食の摂取量が他の2集団より有意に多かった。その一方で、イモ類や豆類、野菜、果物、魚介など副食の摂取量は有意に少ないことが判明。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)