統計学者は人工知能ブームをどのように見ているのか?

統計学者は人工知能ブームをどのように見ているのか?

岩崎学(いわさき・まなぶ) 横浜市立大学国際総合科学群・教授/データサイエンス推進センター・センター長成蹊大学理工学部・教授(併任)1952年、静岡県浜松市生まれ。1977年、東京理科大学大学院理学研究科数学専攻修士課程修了。その後、茨城大学工学部情報工学科、防衛大学校数学物理学教室、成蹊大学理工学部情報科学科を経て、2017年より現職。2015年より日本統計学会会長を務める。理学博士。

シリーズ47万部を突破した異例のベストセラー『統計学が最強の学問である』の著者・西内啓氏が、識者をゲストに迎えて統計学をテーマに語り合う対談企画。日本統計学会会長の岩崎学先生を迎えた後篇です。(構成:長谷川リョー/撮影:梅沢香織)

■海外名門大学の統計学教育は?

西内 先生は統計学会会長ということで、しばしば海外の大学教育を視察されたり、学会に参加されたりしていますよね。そういった場で得られた知見はやはり大きいですか?

岩崎 この前、カリフォルニア大学へ視察に行ったのですが、バークレー校では学生全員に必修として、データリテラシーを教える取り組みを2年前からやっているんです。中身をみると統計学に加え、Pythonといったプログラミング言語を使った実践的な授業になっていました。


――学生全員にPythonも必修はすごいですね!

岩崎 全米トップクラスの大学が、文理問わず全学的にそうした取り組みを行なっているわけです。彼らと戦うためには日本も統計教育、ひいては教養教育を見直す必要があるでしょうね。いずれにしても手を動かすこと、演習が大事になると思います。

西内 ビジネス書の枠を超えるので、自分が執筆できるものではないかもしれませんが、統計学の演習書も、最新の状況に合わせてガッチリと作り直した方がよさそうですよね。

岩崎 日本の統計学の教科書にも、アメリカのビジネススクールで使われているケースメソッドのようなものがあるとよいかもしれません。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)