現役東大生二人が教える 「どうして東大を目指し、どのように合格したのか」

現役東大生二人が教える 「どうして東大を目指し、どのように合格したのか」

西岡壱誠(にしおか・いっせい)東京大学2年生。1996年生まれ。東大輩出者ゼロの無名校でゲームにハマり、落ちこぼれ、学年ビリに。偏差値35の絶望的状況から一念発起して東大を目指すも、現役・一浪と、2年連続で、箸にも棒にもかからず不合格。崖っぷちの状況で「ゲーム式暗記術」を開発し、みるみるうちに偏差値が向上。東大模試第4位になり、奇跡の東大合格をはたす。現在は、かつての自分と同じような崖っぷちの受験生に、家庭教師として勉強を教えている

『現役東大生が教える「ゲーム式」暗記術』(ダイヤモンド社)の著者・西岡壱誠氏と『現役東大生が伝えたい やってはいけない勉強法』(学研プラス)の著者・綱島将人氏の現役東大生対談が実現。二人ともに著書を通じて、学習に悩む中高生や資格試験などに臨んでいる社会人に伝えたいことがあったといいます。
今回の対談テーマは、「東大を目指した理由と、どう受かったのか」。今後、適切な勉強時間や豊富な勉強法についてご紹介いただく、全5回のスペシャル対談の第1弾をお届けします!

■誰もが東大を目指す環境 VS東大を目指すと馬鹿にされる環境

――同時期に現役東大生として著書を刊行したお二人ですが、西岡さんと綱島さんは、どのくらいの時期から東大を目指すようになったのですか。

綱島 私は高校1年生の秋からです。県内の進学校に通っていたので、学年の4分の1ほどが東大を目指していました。先生も「とりあえず東大志望にしておけ」というスタンス。周囲の仲の良い友達も多くが東大を目指していたので、「負けたくない」という思いからどんどん成績を上げていきました。

西岡 私が東大を意識したのは、中学校3年生の頃です。中高と私立学校に通っていましたが、東大合格実績はゼロという学校でした。しかも、私はそんな学校の中で、成績が50位以下でした。理由はわかりませんが、こんな私に当時の担任の先生が「東大に行って自分の世界を変えてみたらいいんじゃないか」と言ったのです。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)