生活保護世帯の貧困大学生、借金・アルバイト漬けの暗闇

生活保護世帯の貧困大学生、借金・アルバイト漬けの暗闇

生活保護世帯で暮らす大学生らは、それゆえの制約がもたらす困難を抱えている。自身は生活保護を受けられないため、借金漬け、アルバイト漬けの苦境にある若者が増えているのだ。彼らを救うことはできるのか(写真はイメージです)

■「普通の大学生活」を望んだ罰?喘ぐ生活保護世帯の大学生たち

 2016年度、堺市の生活保護ケースワーカーたちは、大阪市立大学と合同で生活保護世帯の大学生(短大生・専門学校生を含む。以下「大学生等」)に関する調査を行った。調査対象となった大学生等は、生活保護で暮らす家族と同居しているが、生活保護の対象とはなっていない。生活保護制度が、高校卒業後の進学を前提にしていないからだ。本記事では便宜的に、「生活保護世帯の大学生等」と記述する。

 数値の形で明らかになった結果の1つは、学生支援機構奨学金の借入額だ。生活保護世帯の大学生等は、86.6%が支援機構奨学金を利用していた。しかも借り入れ額も大きい。特に金額が大きくなるのは、4年制大学の場合だ。生活保護世帯の4年制大学学生に限ると、4年間で400万円以上を借り入れている(見込みを含む)比率は74.1%となる。

 さらに、アルバイトの必要性も高い。生活保護世帯の大学生等の65.9%は、授業期間中に週3日以上のアルバイトに従事している。長期休暇中も、変わりなく週3日以上働いていることが多く、「夏休みにアルバイト日数が多い」というわけではない。同居している家族の生活保護費は、大学等に進学した本人の分だけ減額されている。だから、本人が働いて自らの生活を支え、さらに自らの学業を支えなくてはならなくなるのだ。

 堺市・大阪市立大の調査結果からは、大学等の昼間部に進学した生活保護世帯の子どもたちが「普通の学生生活」のために支払わざるを得ない、重すぎる対価が浮かび上がってくる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)