なぜグーグル社員は「歩きながら瞑想」するのか?

なぜグーグル社員は「歩きながら瞑想」するのか?

なぜグーグル社員は「歩きながら瞑想」するのか?の画像

睡眠、美容、子育て、集中力、ダイエット、禁煙、老化……など、幅広い有効性が認められているマインドフルネス。これを日本で最も広めたベストセラー『最高の休息法』に「医師監修の特別音源CD」を付属した実践編が登場した。その名も『脳疲労が消える 最高の休息法[CDブック]』――。その一部をご紹介しよう。

■日常の行動に「最高の休息法」を組み込む

前回は「マルチタスクに由来する自動操縦状態」が脳の疲労や集中力低下とどのようなつながりがあるのかについてお話ししました。

■参考■
なぜ「自動操縦の心」の人のほうが疲れるのか?
http://diamond.jp/articles/-/128208

この状態を解除し、リラックスと集中とを同時に高めるうえで有効なのがムーブメント瞑想です。こちらは呼吸ではなく、自分の身体の動き(ムーブメント)を意識の錨にする方法です。

グーグルの社員研修プログラムSIY(Search Inside Yourself)でも実践されている典型的なムーブメント瞑想に歩行瞑想があります。

最初はできる限りゆっくりと、亀のようなスピードで歩きながら、脚の筋肉や関節の複雑な動き、手の動き、足が地面を蹴る感じ、それらが見事に連動している様子などを、1つずつ細かく意識します。

しばらくすると、ここでも脳はいつのまにか自動操縦モードに切り替わり、歩行以外のことに意識がさまよいはじめるはずです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)