AKB48、乃木坂ファンから すごい株投資家が誕生するかもしれない

人気投資ブロガーで、『運、タイミング、テクニックに頼らない! 最強のファンダメンタル株式投資法』を出版したv-com2(ブイコムツー)さんの連載最終回。楽しみながら株が学べるアプリの紹介や、意外な種明かしもあります。

■リアルすぎるアプリで株を学ぶ

 最近、アイカブ(AiKaBu)というゲームアプリにはまっています。
 といっても、1日10分くらい遊んでいるだけですが、これはもしかしたら、若い人が株式投資を始めるいいきっかけになるのではと感じました。

 アイカブ(AiKaBu)は、AKB48のメンバーを会社に見立てて、株を買うことで応援しようというゲームです。

 現実の株式市場さながらに作りこまれていて、板情報(買い注文と売り注文の一覧)が見られたり、売買もほとんどリアルタイムで成立したり、逆指値注文まで可能です。

 さらに、リアルイベントとも連動させ、なんと株主総会も今後開催予定(何をするんだ?)とのことですし、株主優待(大株主限定?)も作る予定だとか。
 なんだか面白いことをやっているなという印象ですね。

 このゲームをやると、株式投資を自然に学べそうです。
 買い注文、売り注文のやり方や板情報の見方だけでなく、「買いたいのだけどお金が足りなくてどうしよう」みたいな感覚も疑似体験できます。

 そして、株を買うことは資産を増やすという目的だけでなく、その企業を応援することだという感覚も、自然に身につくのではないかと思いました。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)