現役東大生二人が教える「東大に受かる時間術」とは?

現役東大生二人が教える「東大に受かる時間術」とは?

綱島将人(つなしま・まさと)大学受験学習塾STRUX主宰、株式会社ONER取締役、東京大学教養学部2年(2017年3月)。神奈川県立トップの進学校に進学するも、入学時の成績はビリから数えた方が早かった。平日5時間、休日13時間の勉強を経て、独自の逆算メソッドを完成させ、1年間で学年トップにのぼりつめる。高校2年生時は同高校の理系トップを維持するも、将来の夢から文転を決意。文系でも学年トップに位置した。その後、東京大学文科2類に現役合格。著書に『現役東大生が伝えたい やってはいけない勉強法』がある。

『現役東大生が教える「ゲーム式」暗記術』(ダイヤモンド社)の著者・西岡壱誠氏と『現役東大生が伝えたい やってはいけない勉強法』(学研プラス)の著者・綱島将人氏による現役東大生対談第2弾。
今回の対談テーマは、「勉強時間」。受験を控える学生はもちろん資格試験などに臨む社会人も知っておきたい、適切な勉強計画の立て方や効果的な勉強時間の使い方について聞きました。

■勉強計画は必要?

――受験生や資格試験前の社会人など、「勉強したいのは山々だけれども、時間が限られている」という方は多いと思います。こうした方へのアドバイスをお願いします。

綱島 まずは学習計画を立てることが重要です。特に、年間や月間の中長期計画は絶対に必要でしょう。計画表という指標がないと、目標達成につながらない空回りな努力をしてしまう可能性があるのです。計画表があれば、「この参考書を受験までに3回繰り返す」と考えた時に、どのくらいのペースで進めていかなければ終らないのかということが計算できるようになります。理想のペースがわかれば、それを下回っているか否かを把握できます。多くの受験生は、自分の勉強ペースが適切かわからないまま暗中模索で学習を進めてしまっているのです。

西岡 非常に合理的ですね。時間は有限ですから、ゴールから逆算してすべきことに集中していかないといけませんよね。しかし、もしかしたら多くの学生がそこまではできないと感じるかもしれません。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)