HISが海外旅行シェアで首位に、JTBの牙城ハワイをも制した執念

HISが海外旅行シェアで首位に、JTBの牙城ハワイをも制した執念

JTBの本格的なパンフレットに対して、HISはプリンターで印刷しただけの簡易版でコストを下げる

 旅行業界のシェア争いに異変が起こった。業界のガリバーといえばJTB。総取扱高では、KNT-CTホールディングス、日本旅行、エイチ・アイ・エス(HIS)などの同業の約3倍を誇り、国内旅行でも海外旅行でも圧倒的な存在感を示してきた。ところが、2月の海外旅行取扱高でHISがJTBを抜いてトップになったのだ。

 JTBが強い欧州旅行がテロの影響で不振だったことや、2月はJTBが得意とする企業の団体旅行(成績優秀なセールスパーソンや代理店を表彰するインセンティブツアーや展示会への視察旅行など)が少ない月だったという事情はある。HISは個人客向けに攻勢をかけ、5年ぶりに海外旅行で月間トップの座を奪った。

■ハワイもHISが僅差でトップ

 さらに、複数の関係者の情報を総合すると、日本人の海外旅行先として人気が高い米ハワイへのパッケージ旅行の2月の取扱人数で、HISが僅差ながらJTBを抜いてトップになったという。

 HISの低価格志向とナンバーワンへの執念のたまものだ。日本航空などに比べて割安な韓国・大韓航空などを使ってツアーを積極的に作り、「エイチ・アイ・エスの利用者なら、アラモアナショッピングセンターなどの観光地を回るバスに無料で乗れる」と店頭では割安感を訴えた。バスサービスで先行したのはJTBだったにもかかわらずである。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)