高樹沙耶被告でケチがついた「医療用大麻」解禁はあるのか

高樹沙耶被告でケチがついた「医療用大麻」解禁はあるのか

高樹沙耶被告でケチがついた「医療用大麻」解禁はあるのかの画像

 女優の高樹沙耶被告(本名・益戸育江)が大麻取締法違反容疑で厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕されたのは昨年10月25日のことだ。

 その3ヵ月前の7月、高樹被告は参議院議員選挙に出馬(新党改革・東京都選挙区)している。そこで彼女は“医療用大麻の解禁”を訴えているのだが、メディアもさほど高樹被告を取り上げることがなかったからか、公約は“医療”大麻の解禁ではなく、嗜好品としての大麻解禁を声高に叫んでいるとの誤解を生んだ。自分が吸いたいから解禁を訴えているのだろうとの誤解だ。胡乱な目で見られたのは高樹被告の選挙対策や戦略に不備があったとも言えるのだが、ハッパをやってみんなハッピー――、が高樹被告の主張のようにも受け止められた。ましてや、ASKA氏や清原和博氏が逮捕された記憶がまだ鮮明な時期のことである。

 結果、選挙は惨敗に終わった(獲得投票数6万431票・得票率1.0%)。医療用とはいえ大麻解禁を訴えればマトリ(麻薬取締部)が怪しまないわけがなく、高樹被告は調査対象になるのだが、麻取が睨んだとおりと言うべきか、案の定と言うべきなのか、選挙期間中も高樹被告は大麻を吸引していたことが発覚した。

 選挙を終えた後、高樹被告は2011年から移り住んだ石垣島に戻るが、週刊新潮に発表した手記には、逮捕に至るまでと逮捕後の取り調べ〜三ヵ月後の保釈に至るまでの経緯が赤裸々に記されている。

〈母屋のデッキに出てみると、30人ほどの男女がズラッと並んでいる姿が目に入った。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)