純利益1兆円超のトヨタとソフトバンクが揃って社員に求めるスキルとは

純利益1兆円超のトヨタとソフトバンクが揃って社員に求めるスキルとは

Photo:Bloomberg/gettyimages

『週刊ダイヤモンド』6月10号の第1特集は「これからの必須スキル 会計&ファイナンス 超理解」です。これまで、財務諸表を理解しようと会計の勉強を進めたが、挫折したことはないでしょうか。しかし、それはやり方が間違っていた可能性が高いのです。実は、コツさえつかめば財務三表を読むことも、ファイナンスを知ることも簡単。本特集を読めば、これからの必須スキル会計とファイナンスを、楽チンに理解することができるはずです。84ページの超特大特集ですので、ぜひ、保存版としてご活用ください。

 企業の1年間の業績を示す決算。5月にはその発表が集中する。2017年5月、そこには対照的な2社があった。共に純利益1兆円超えを達成したトヨタ自動車とソフトバンクグループだ。

 純利益や売上高という言葉は本誌特集でやさしく解説しているが、分からなければ、「1年間頑張った成果」くらいに受け止めてほしい。

 日本企業で純利益1兆円超えを達成したのは、収益構造が大きく異なる銀行を除けば、トヨタとソフトバンクの2社だけだ。

 それだけのことを成し遂げたのなら、誇らしげであってもよさそうなものだが、豊田章男・トヨタ社長の表情は冴えない。

 5月10日に発表されたトヨタの決算によると、売上高は28兆円で、純利益は1兆8000億円だった。他社がうらやむような規模だが、実は、5年ぶりの減収減益(売上高も利益も前年より減ったという意味)。次の年の決算でも、減収減益を予想した。会見で豊田社長は「スポーツの世界でいえば連敗。負け嫌いは私だけじゃない」と、悔しさを隠さなかった。

 一方、同日に発表されたソフトバンクの純利益は前期の3倍となる1兆4000億円だった。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)