現役東大生が語る「最強の暗記術」と「やってもムダな勉強法」とは?

現役東大生が語る「最強の暗記術」と「やってもムダな勉強法」とは?

西岡壱誠(にしおか・いっせい)東京大学2年生。1996年生まれ。東大輩出者ゼロの無名校でゲームにハマり、落ちこぼれ、学年ビリに。偏差値35の絶望的状況から一念発起して東大を目指すも、現役・一浪と、2年連続で、箸にも棒にもかからず不合格。崖っぷちの状況で「ゲーム式暗記術」を開発し、みるみるうちに偏差値が向上。東大模試第4位になり、奇跡の東大合格をはたす。著書に『現役東大生が教える「ゲーム式」暗記術』がある。

『現役東大生が教える「ゲーム式」暗記術』(ダイヤモンド社)の著者・西岡壱誠氏と『現役東大生が伝えたい やってはいけない勉強法』(学研プラス)の著者・綱島将人氏による現役東大生対談第3弾。
今回の対談テーマは、「勉強時間」をどううまく活用するか。有効な暗記法から、やってしまいがちな“無駄”な勉強方法をご紹介します。

■暗記が苦手な人にも効果てきめん、東大生の暗記術

――受験や資格試験に向けた勉強で、「暗記」は避けて通れません。しかし、「暗記が苦手」「暗記が面倒だ」と感じる人は多いものです。東大合格に向けて、お二人はどのように暗記をしたのですか。

西岡 単語帳なり参考書なりを開く前に、「なぜ暗記をしなければいけないか」を思い返してみてください。それは、試験で点数を取りたいからですよね。そう考えると、効果的な暗記の方法が見えてきます。
 例えば、「end」という単語一つを暗記しても点数はのびません。「end」の反対語や熟語などを一緒に覚えることで、長文読解や英作文に対応できる英語力が身につきます。また、覚えられない単語は「My復習ノート」にまとめます。この「My復習ノート」には、解けなかった問題をまとめておくことも有効です。

綱島 西岡さんが言う通り、記憶の軸を作って暗記していくことは重要ですね。意味づけをすることで、途端に暗記はスムーズになるものです。「この単語とこの単語はつながっている」という覚え方をすることで、脳に定着しやすくなります。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)