世界記憶グランドマスター獲得を支えた「メンタル管理術」

新刊『世界記憶力グランドマスターが教える 脳にまかせる勉強法』で は、脳の仕組みを活用し、4回連続記憶力日本一、日本人初の記憶力の世界グランドマスターになった著者による世界最高峰の勉強法を紹介しています。早くも4刷 となった本書から、記憶力が左右する試験、資格、英語、ビジネスほか、あらゆるシーンで効果を発揮するノウハウを徹底公開します。

■どうしたら、意識を変えることができるのか

 私は昔から少し心配性なところがありまして、普段から「何かよくないことが起こるんじゃないか」などと考えがちなタイプでした。

 電話がかかってきても、反射的に「悪い知らせではないか」と思ったりして、電話に出ることもあまり好きではありませんでした。

 基本的にそういう性格ですから、40代に入ってから始めた記憶競技でも「自分の現状を打破するためのチャレンジ」という意気込みで始めたにもかかわらず、まだ一度も参加していないうちから、「箸にも棒にもかからない結果だったらどうしよう」なんて考える始末でした。もし成績がよくなかったら格好が悪いので、やはり大会への挑戦はやめておくか、なんて考えるときも多々ありました。

 これではいけないと思い、なぜそういう思考に陥るのか自分の心理を冷静に分析してみると、そこには無意識の中に隠れていたある意識があったのです。

 表面上は「今の自分の置かれている状況には満足できない。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)