インテルの事業計画書はたった◯◯文字!?

インテルの事業計画書はたった◯◯文字!?

アイデアを実現するためには「入念な計画書」が必須だと考えていませんか?

「考えすぎていないか?」
誰にも言えないアイデアを胸に抱えて悩む人たちと、これまでに4万人以上面談した「非営利ベンチャーキャピタル」エンデバーのCEOリンダ・ロッテンバーグによると、「最初の一歩」で悩む人に共通しているのは、すべてのこの「考えすぎ」が原因だという。そして、アイデアを実現するためには入念な計画書が必要、というMBAふうのアドバイスに、疑問を投げかける。
シリコンバレーから中東、アフリカ、そしてブラジルのスラム街まで、世界中で600社、1000人超の起業家を支援してきた彼女だからこそ言える、「本物のアドバイス」を、シェリル・サンドバーグも絶賛する著書『THINK WILD あなたの成功を阻むすべての難問を解決する』からご紹介しよう。

■計画を終わりにして、行動を起こそう

 2013年、わたしは朝の情報番組『トゥデイ』の、「アントレプレナーを支援する」というコーナーにゲスト出演した。もうひとりのゲストは、MBAを取得したインターネット起業家である。その女性は新規事業に乗り出すにあたって、75ページもの事業計画書を書き上げたという。そして、視聴者にも同じように入念な計画書をつくるようにアドバイスした。わたしは、危うく椅子から転げ落ちるところだった。わたしはこう言った。「それには、とても同意できませんね」

 いや、待ってほしい! とあなたは言うだろう。アイデアを実行するために段階的な計画書が必要なことは、誰でも知っている。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)