中国経済は9月以降が危ない

中国経済は9月以降が危ない

中国経済は9月以降が危ないの画像

 中国の経済は“一見”好調そうに見える。しかし、それは5年に一度、この9月に開催される共産党大会のために、いわば人為的に安定させているのだ。

 共産党大会前に経済(金融)の乱調は許されない。中国の政治制度上の重要イベントとしては、毎年3月に開催される全人代(全国人民代表大会、日本の国会に相当)もあるが、共産党大会は共産党の人事を決めるだけに重要度が違う。組織では人事が重要で、人事さえ決まれば政策は自ずと見えてくるものだ。

 さらに今回の共産党大会は、中国共産党にとって重要な意味がある。旧ソ連は中国にとって共産主義の「先輩」国家だが、69年で崩壊した。共産党大会では、通例“5ヵ年”経済計画を作成するが、その期間中に旧ソ連の69年を超える。つまり、共産主義国家として最長の歴史を持つことになるわけで、共産主義の歴史においての意義も深い。

 まもなく64歳になる習近平に対しても、昨秋から中国の国家主席の中でも最高位とされる「核心」という呼称を使い始めた。核心と呼ばれた指導者は、歴代のうちでも毛沢東、ケ小平、江沢民の3人だけだ。2013年から国家主席を務め、憲法の規定では任期は2期だが、早くも3期とのうわさも出ている(奇しくも、日本の安倍首相も例外的な3期目が約束されている)。

■共産党大会まで経済はひたすら「安定」

 共産党大会を念頭に置いた経済政策の基本方針は、とにかく「安定」である。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)