AT車暴走事故防止の決定打「ナルセペダル」が普及しない理由

AT車暴走事故防止の決定打「ナルセペダル」が普及しない理由

AT車で多発している、アクセルとブレーキの踏み間違い事故。運転者の不注意にのみ原因を求めていても、根本解決にはならない。AT車の構造は、人間生理学的に見て問題があるからだ(写真はイメージです)

様々な技術の進化により、車の安全性能は現在も進化を続けているが、それでもなくならないのがアクセルとブレーキの踏み間違いによる事故。しかし、実はこの誤操作事故を防ぐための技術は、すでに25年も前に開発されている。本来であれば“世紀の大発明”と呼ばれてもおかしくないナルセペダルだが、何故浸透しないのか。九州大学名誉教授で「事故なき社会株式会社」取締役の松永勝也氏に聞いた。(清談社 岡田光雄)

■踏み間違い事故が多発するオートマ車の構造の問題点とは

 このところ、アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故のニュースが多発している。

 5月2日、大分市で病院の1階ロビーに車が突っ込む事故が発生。16日には群馬県太田市でコンビニに、21日には京都市で民家に車が突っ込む事故が起きている。交通事故総合分析センター(東京)によると、同様の事故は2005年〜15年までに年間5000〜7000件発生している。

 そもそも何故、踏み間違い事故が起こるのか。その要因のひとつと言われるのが、マニュアル(MT)車に乗る人口が減少したことだ。日本自動車販売協会連合会(『新車登録台数年報』2016年)によると、15年に販売された新車239万1404台のうち、MT車はたったの3万9331台(1.6%)。市場の人気は、運転が簡単なオートマ(AT) 車が圧倒的だ。

「一昔前に流行ったMT車の場合、アクセルとブレーキの他にクラッチとの連携操作が必要だったので、そのことが事故防止に貢献し、踏み間違いによる事故は問題になるほど発生していませんでした」(松永氏)

 AT車のアクセルとブレーキの構造には、「運動生理学」上から見て問題があるという。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)