96歳まで生きたカゴメ創業者はトマトで日本人の健康に貢献した

96歳まで生きたカゴメ創業者はトマトで日本人の健康に貢献した

イラスト/びごーじょうじ

 問題。昔、唐なすびや唐ガキ、赤ナスと呼ばれていた野菜は? 答え=トマト。

 トマトは江戸時代に観賞用として珍重され、明治時代以後、日本に広まった。そこに大きく貢献したのが蟹江一太郎、トマトケチャップなどで知られる企業、カゴメの創業者である。

 愛知県の農家の生まれだった蟹江は1899(明治32)年の春、自宅の脇で西洋野菜の種をまき、栽培を始める。やがて、収穫した野菜をホテルや西洋料理店などに卸すようになるが、トマトだけは匂いや味が敬遠され、売れずに残ってしまった。

 腐らせるわけにもいかない、と蟹江は残ったトマトの加工に乗り出す。試行錯誤を経て、1903年にトマトソース(現在のトマトピューレー)を完成させ、その5年後にはトマトケチャップ、ウスターソースの製造も開始する。

 国産トマトケチャップの起源は横浜で1903年に清水與助(よすけ)が製造した清水屋トマトケチャップとされる。しかし、この元祖ケチャップはすぐに姿を消してしまった。横浜は工業化が進み、野菜畑が減少。原料の確保が難しくなったためだ。

 一方の蟹江には先見性があった。原料のトマトを安定して入手するために、農家と今でいう契約栽培をはじめた。この“畑から考えていく”という考えは、現在でもカゴメの企業姿勢の一つになっており、同社は現在、日本におけるトマトケチャップ、トマトジュースなどのシェアナンバーワン。緑黄色野菜の国内消費量の約1割を供給し、トマトに至っては国内消費量の約3割を担っている、というから驚きだ。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)