日本がデータサイエンティスト教育で 米国に圧倒的に遅れた理由

日本がデータサイエンティスト教育で 米国に圧倒的に遅れた理由

神津友武有限責任監査法人トーマツデロイトアナリティクス ディレクターPhoto:DIAMOND IT&Business

企業が収集可能なデータの種類と量は爆発的に増殖している。しかし、残念ながらその“宝の山”(ビッグデータ)をビジネスの再構築や経営判断に十分活かし切れていないのが日本企業の現状だ。ボトルネックの1つとなっているのが、膨大なデータを整理し、分析する「データサイエンティスト」の不足である。その人材には従来の統計学的知識や、ITのスペシャリティだけではカバーできない高度で幅広い能力が求められる。しかし、日本の教育現場、人材を受け入れる企業側には、まだ十分な体制が整っていない。現状打開のカギは何か、専門家に聞いた。

■データ分析のトレーニングを受けた大学卒業生の数は日米で7倍の開きがある

 あなたは「データサイエンティスト」という専門職についてご存じだろうか? どのようなスペシャリティを持ち、どんな分野で活躍しているのか? ビジネスにおけるデータ活用への関心は日々高まりを見せているが、残念ながら日本では、データサイエンティストを専門職として活用している企業は多くないのが実情だ。

 昨今、データサイエンスは、国や地方の行政や企業経営、社会貢献活動などに欠かせない、極めて重要な専門領域の1つであると考えられている。日々生成、収集される膨大なビッグデータを整理し、その精緻な分析によってデータから価値を創造する科学だからである。アカデミックな従来の統計学に比べると極めて実学に近く、国や地方の政策づくり、企業によるビジネスの再構築、意思決定などに必要な洞察をもたらしてくれる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)