いま、学校の先生は何に悩んでいるのか?

いま、学校の先生は何に悩んでいるのか?

藤原和博(ふじはら・かずひろ)教育改革実践家。奈良市立一条高等学校校長。元リクルート社フェロー。1955年東京生まれ。1978年東京大学経済学部卒業後、株式会社リクルート入社。1996年同社フェローとなる。2003年より5年間、都内では義務教育初の民間校長として杉並区立和田中学校の校長を務める。2008年〜2011年、橋下大阪府知事の特別顧問。2014年から佐賀県武雄市特別顧問。2016年、奈良市立一条高等学校校長に就任。

藤原和博氏の最新刊『10年後、君に仕事はあるのか』が売れている。人工知能の進化やスマホで世界中の人が繋がった、仕事が消滅していく時代で生き抜くための術を高校生に語りかける内容の書籍だ。学生だけでなく、教師や保護者からも大きな反響を呼んでいる。発売から約3ヵ月が経過した今、藤原氏にお話を伺った。特別インタビュー後編。(聞き手:書籍編集部)

―― 『10年後、君に仕事はあるのか?』は、学校の先生にも読まれていると聞きました。現場の先生はいま、どのようなことに悩んでいるのでしょうか。

藤原 「アクティブ・ラーニング」という言葉が、「主体的、協働的で深い学び」と言い換えられてどんどん浸透してきていますが、「実際にどうしたらいいのか、何をしたらいいのか」ということについては、イマイチぴんときていないというのが現場の先生の正直なところだと思います。

 まず、限られた時間でそれぞれの教科の知識を教えなければなりません。これは情報処理力(ひとつしかない正解をいち早く正確に当てる力)の部分です。それに加えて、これからは情報編集力(正解がない、もしくは正解が1つではない問題を解決する力)側である「アクティブ・ラーニング」型の授業も行わなければならない。まず、『10年後、君に仕事はあるのか?』では、この比率を7:3にするべきだと示しました。

 さらに、文部科学省が「生きる力」と曖昧に言っていたものを、基礎的人間力がベースで、左側に情報処理力、右側に情報編集力、この逆三角形が生きる力の本質だと本の中で何度も図示しました。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)