クラウド会計の効果を 最も実感できるのは飲食店

クラウド会計の効果を 最も実感できるのは飲食店

クラウド会計の効果を 最も実感できるのは飲食店の画像

飲食店の予約/顧客台帳サービスとしてNo.1のシェアを誇る株式会社トレタの代表・中村仁氏に、飲食店向けのお勧めのITサービスを独断で選出し、解説してもらう連載の新シリーズです。

今回から、飲食店の経営者の一番の苦手科目である「会計」を大きく助けてくれる、クラウド会計を取り上げます。(構成:谷山宏典)

■税理士任せの 会計処理の問題点とは?

 今回は、飲食店の“お金”に関わるITサービスのまとめ役に位置する、「会計ソフト」を取り上げます。

 会計が大切なことは全ての飲食店経営者の方が同意されるでしょうが、会計が得意、会計が大好きだという方はおそらく少数派でしょう。

 お客さんに喜んでもらえる美味しい料理を作る自信はある。満足してもらえるおもてなし、サービスはできる。しかし、仕訳をして会計帳簿を作成することが得意だと胸を張って言える飲食店経営者がいったいどれだけいるでしょう……? 実際、ほとんどいないと私は思います。それゆえ、「会計は税理士任せ」になってしまいがちです。

 私自身もそうでした。『豚組』などの飲食店を経営していたときには、会計業務は顧問税理士に丸投げ状態。領収書はもちろん、店用の銀行通帳など会計処理に必要なものは何もかも預けてしまうほどでした。

 毎月の帳簿付けや、年度末の決算書の作成や確定申告を代行してやってもらうことで、たしかに面倒な会計処理から解放されて営業に専念することができます。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)