アップルの新型スピーカーは なぜAI機能を強調しないのか

アップルの新型スピーカーは なぜAI機能を強調しないのか

アップルのイベント「WWDC 2017」で発表されたスピーカー「Home Pod」の説明の様子は、アップルの日本サイト内でも公開されている。(https://www.apple.com/jp/apple-events/june-2017/)

■「高性能スピーカー」としての発表

 アップルが米時間6月5日から開催した「WWDC 2017」(Worldwide Developers Conference)で、「HomePod」(ホームポッド)を発表した。ハードウェアデバイスとしては、アップル・ウォッチ以来2年ぶりの新製品発表。コンピュータやタブレット、そしてソフトウェアのアップデートではない新たなデバイスの登場は、待望のアップルの本領発揮といったところだ。HomePodには、アップル流のストイックなデザインも前面に出ている。

 ただ、不思議なのはこの製品の位置付けである。

 HomePodという名前は、「iPod」(アイポッド)で音楽のデジタル化を牽引してきたアップルが、デジタル音楽を家庭でもシームレスに楽しめるように生み出した製品であることを物語っている。これは、そのための高性能スピーカーだ。

 一方、前評判ではアップルは、アマゾンの「エコー」やグーグルの「グーグル・ホーム」のような家庭用AIアシスタント・デバイスを発表するだろうとされていた。普通の言葉で話しかければ、天気やニュースを伝えてくれ、ショッピングリストも作成でき、今日の予定もわかり、さらに家庭内のIoT照明器具やガレージドアの操作などもこなせるというデバイスだ。

 アップルは、すでにiPhoneやMacで使えるAIアシスタントのシリ(Siri)を持っており、それを利用してホーム市場のパイを奪おうとするのは当然だろう。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)