飲食店の月次決算の時間を 「1ヵ月」から「5日」に短縮したしくみ

飲食店の月次決算の時間を 「1ヵ月」から「5日」に短縮したしくみ

KAGAYA&Melissaグループの一店舗「神楽坂 前田」

飲食店の予約/顧客台帳サービスとしてNo.1のシェアを誇る株式会社トレタの代表・中村仁氏に、飲食店向けのお勧めのITサービスを独断で選出し、解説してもらう連載。
クラウド会計の概要を説明した前篇に続き、今回は、まだ売上や経費を手入力して苦労していたり、税理士に任せきりにしていて不安な飲食店の経営者が、思わず「もっと早く教えてくれよ!」と叫びたくなる事例を紹介しましょう。(構成:谷山宏典 写真:疋田千里)

■毎月末の決算のために1週間、事務所にカンヅメ

 東京神楽坂の路地裏、花街の風情を感じる「芸者小道」の一画にある懐石料亭「神楽坂前田」をはじめ、都内に9つの飲食店を展開しているKAGAYA&Melissaグループ。前田瑞樹さんは同グループの特別顧問として、すべての店舗の財務も担っています。

 加賀屋は大正元年創業の老舗で、もとは食品の小売業を営んでいました。飲食店をはじめたのは10年ほど前からと会社の歴史に比べるとまだ日も浅いのですが、現在は小売でなく外食をメインにしています。

 これまでの連載では店舗単位で概要を見てきましたが、今回は会計に関する話なので、グループ全体としての概要を以下にまとめます。

店舗数……東京都内に5拠点、9店舗
業態……日本料理、鉄板焼、イタリアン、フレンチ、シャンパンバーなど
客単価……1〜2万円の高級店が中心
売上……年商およそ6億8000万円
従業員……社員約40名、アルバイト約20名

 外食に進出して8年で9店舗は、業態を考えると出店スピードとしては速いほうだと思います。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)