現役東大生が教える、本当に“使える”参考書はコレだ

現役東大生が教える、本当に“使える”参考書はコレだ

綱島将人(つなしま・まさと)大学受験学習塾STRUX主宰、株式会社ONER取締役、東京大学教養学部2年(2017年3月)。神奈川県立トップの進学校に進学するも、入学時の成績はビリから数えた方が早かった。平日5時間、休日13時間の勉強を経て、独自の逆算メソッドを完成させ、1年間で学年トップにのぼりつめる。高校2年生時は同高校の理系トップを維持するも、将来の夢から文転を決意。文系でも学年トップに位置した。その後、東京大学文科2類に現役合格。著書に『現役東大生が伝えたい やってはいけない勉強法』がある。

『現役東大生が教える「ゲーム式」暗記術』(ダイヤモンド社)の著者・西岡壱誠氏と『現役東大生が伝えたい やってはいけない勉強法』(学研プラス)の著者・綱島将人氏による現役東大生対談最終回。
今回は、参考書の使い方や選び方、そして具体的に“使える”参考書を伺いました。今日から使える情報が満載、学びの悩みを抱えるすべての方必見の対談をお届けします。

■参考書は「仮説」を信じて選ぼう

――無数にある参考書の中から、お二人はどのような情報を参考に教材を選びましたか。

綱島 私は「王道」といわれる参考書の中から選ぶようにしていました。過去の合格者が多く使ってきたものは、内容の精度が高いだろうと思ったからです。インターネットで調べたり、予備校の先生に聞いたりして情報を収集しました。英単語の王道の参考書は、『ターゲット1900』(旺文社)、『システム英単語』(駿台文庫)、『速読英単語』(Z会)などいくつかあるので、目星をつけて書店に行き、内容を確認しました。
 正直、どの参考書でも受かる人もいれば、どの参考書でも落ちる人はいます。重要なのは、それに対する意味づけができるかどうかです。「これ以外の参考書は駄目だ!」と思うくらいの理由をつけて使い続けることが大切です。
 たとえば、『速読英単語』であれば、英文が載っていて、それに付随した単語が掲載されているので、入試の設問に近い状態で単語を覚えられるお得な単語帳だと意味づけられます。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)