なぜ『嫌われる勇気』は台湾で46万部の大ヒットになったのか?

なぜ『嫌われる勇気』は台湾で46万部の大ヒットになったのか?

台北にある「誠品書店・信義店」で行われたトークイベント(左から、古賀史健氏、台湾版の翻訳者である葉小燕氏、岸見一郎氏、司会者の蔡詩萍氏)

人口約2400万の台湾で『嫌われる勇気』が46.2万部と大ブレイクしています(『幸せになる勇気』も10.5万部)。人口比で言うと日本の250万部に当たるこれほどのベストセラーは彼の地では10年ぶりとのこと。そんな最中の5月中旬、著者の岸見一郎氏と古賀史健氏が台北を訪れ、数多くのメディア取材やイベントを行なってきました。現地での様子や、日韓との読者の違いなどをお二人にお聞きします!

■親との関係を気にする台湾の若者

──まずは、今回の台湾プロモーション全体の感想を聞かせていただけますか?

岸見一郎(以下、岸見) 本当に歓迎していただき、満ち足りた3日間でした。台湾の皆さんは、『嫌われる勇気』およびアドラー心理学から非常に強いインパクトを受けたようです。それゆえ、私たちが来るのを待ちかねていた様子で、聞きたいことがたくさんある、早く著者たちに会いたいと、そんな雰囲気を非常に強く感じました。

古賀史健(以下、古賀) まず、台湾版の版元である圓神出版の皆さんがとても日本通で、本もしっかり読んでくれていて、この本を凄く愛してくれていることが伝わってきて嬉しかったですね。あと、取材やイベントの際の質問では、アドラー心理学に対する学術的な関心が高かったように思います。いろいろな疑問があるなかで、岸見先生が来るのを待ち望んでいたという印象を強く受けました。

──台湾ではサイン会などで読者の皆さんとも直接触れ合いましたが、日本や韓国の読者と比較していかがでしたか?

岸見 韓国での印象とかなり近いと思いました。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)