ヤマト運輸でドライバーの負担減に人工知能の活用が目玉 現場からは批判の声

記事まとめ

  • ヤマト運輸はドライバーの負担を減らすため、人工知能(AI)の活用が目玉となっている
  • 新型タブレットでは、最適ルートをナビゲートしたり、効率的な配達順序を示すという
  • しかし、セールスドライバーは「ただ機械的に回ればいいわけじゃない」とぼやいている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております