「自動運転を町の産業に」永平寺の町の未来を見据えたチャレンジ

「自動運転を町の産業に」永平寺の町の未来を見据えたチャレンジ

深山霊山の地、永平寺。約70の建物が並ぶ。主要な法堂、仏殿などは回廊で結ばれているのが特徴 Photo by Kenji Momota

 なぜ、永平寺で自動運転なのか――。

 1244年、道元が開山した福井県・永平寺。禅寺として日本のみならず、海外からの観光客にも、その名が知られている。

 この地で、経済産業省の『無人移動自動走行による移動サービス』(別称:ラストマイル自動走行・端末交通システム)の実証試験が、今秋後半から平成30年度末にかけヤマハ製のゴルフカートを使って行われる。

 そう聞くと、多くの人は「観光スポットを回遊する乗り物」を想像するが、実態は全く違う。

 確かに、走行する場所は2002年に廃線となった旧京福電鉄永平寺線の跡地で、現在は遊歩道の『永平寺参(まい)ロード』全長6.025キロメートルだ。起点は、福井駅から恐竜博物館で有名な勝山市の勝山駅を結ぶ、えちぜん鉄道勝山永平寺線の永平寺口駅。終点は、曹洞宗・大本山永平寺の参道に近い旧永平寺線の門前駅となり、観光客の足としての利用も期待される。

 しかし、実証試験に参加する永平寺町の狙いは、もっと大きい。

 換言すれば、永平寺町は多くの社会課題を抱えているのだ。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)