一生使えるビジネススキル、 一次データの「リサーチ力」を鍛えよう!

『アナリストが教えるリサーチの教科書 自分でできる情報収集・分析の基本』を上梓した、アナリストの高辻成彦さんに聞く、ビジネスリサーチの基本とは? 連載1回目の今日は、リサーチを始める前に押さえておきたい4つのポイントを解説します。

■調査会社に頼まなくてもリサーチは自分でできる

 私たちは日頃から、調べごとが必要な環境にいます。
 ビジネスでの本格的な調べごととなると、調査会社に頼んで、一次データを作っていくことを連想するかもしれません。
 実際に、詳細な調べごとは、プロにまかせた方が確実でしょう。

 しかし、世の中には、すでに公開されている一次データがたくさんあります。
 これらの公開情報を入手し、加工して、二次データとして使うことでできる調べごとなら、多額のコストや時間をかけずに、自分で資料をまとめられます。

 ここではこれを、ビジネスリサーチと呼びます。

■ビジネスリサーチは正式に学ぶ機会がほとんどない

 みなさん、調べ方はご自身で習得されたのではないでしょうか。
 一から十まで研修などで教えてもらった、なんてありがたい経験は、なかなかないと思います。

 「ビジネスマンだったらそれくらい調べろ!」
 と上司に言われたとしても、肝心の調べ方までは、教えてもらえないのが実情です。

 もちろん、ある程度のことは、ベテランから若手に教えられることもありますが、若手とベテランでは経験値の差が大きいですし、教えてもらっても、そのケースについては解決しても、すぐに何にでも対応できるほどの実力がつくものでもありません。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)