医者になる抜け道があった!「医学部編入」の実際

医者になる抜け道があった!「医学部編入」の実際

Photo by Teerapatanun Pakorn

憧れの東京医科歯科大学、大阪大学医学部へ行きたかった──。そんな願いを実現できる裏技が実はある。今、社会人を経て医師を目指す人の抜け道として注目されているのが「医学部編入」だ。(「週刊ダイヤモンド」委嘱記者 西田浩史)

 2017年6月10日、東海大学医学部の編入試験の2次試験日──。

 大阪市のある予備校には、受験を終えた学生が溢れていた。

 そこで時間講師として関わるSさん。彼もまた、大阪教育大学卒業後、中学校の社会科教員を経て医学部に編入し、医師になった。

 高校時代にアニメで知った精神科医に憧れていたものの、数学と生物がまるで苦手。英語が得意であった程度で、現役時代は医学部受験など、まったく考えていなかったという。

 しかし、友人から医学部への編入ができることを聞き、猛勉強の末、島根大学医学部編入試験に、見事合格。現在は、神戸市内の病院で精神科医として働いている。

 近年、一般入試による医学部合格のハードルはかなり高い。

 国公立大学の医学部入学を目指すなら、東大理科1類に合格する以上の学力が必要で、私立大学の医学部でも早稲田大学、慶應義塾大学の理工学部の難易度を優に超えている。理系を専攻している学生の中でも、よりすぐりの秀才たちが目指す職業が「医師」なのだ。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)