「間食は悪」は間違い!夕方4時にプリン1個は許される

「間食は悪」は間違い!夕方4時にプリン1個は許される

デザートでも、タンパク質が摂れるプリンはおすすめです

■22時過ぎに帰宅するビジネスパーソンが陥る夕食選びの3つの落とし穴

 今回は昼食と夕食の間に食べる「間食」で太らない方法を扱いたいと思います。昼食を食べた後、8時間以上空けずに夕食を食べられる、かつ、21時より前に夕食が食べ終わる、という人はどのくらいいらっしゃるでしょうか。セミナー等で食事記録を見る限りは、半数くらいかな、と感じています。

 残りの半数は、21時過ぎまでオフィスにいる、帰宅は22時を過ぎている、という方々です。彼らは一体どのようにして空腹感と戦っているのでしょうか。その答えはほぼ以下の三択になります。

(1)チョコレートやせんべいなどコンビニで買えるお菓子でお腹を満たす
(2)仕事中は我慢して、帰ってから食べる。しかも、遅い時間に食べる夕食が1日の中で一番ボリュームがある
(3)(1)や(2)の生活を続けて太ったので、低カロリーのカップスープなどを残業中に職場で食べる

(1)の場合には、食べる量によっては太らない、ということもありえますが、お菓子を食
事代わりにしてカロリーの帳尻合わせをしている場合、疲れやすさなどプチ不調を感じやすい傾向にあります。そして、本人としては「そんなに食べていない割には太る」と感じやすいようです。

 だからといって、何も食べないとなると、(2)のように、帰路につく頃には口にするものを選ぶだけのゆとりもなく、当然、堪りかねた空腹感から食べる量も多くなります。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)