残業に低賃金…こんな時代にあえて言う!私が会社を大好きな理由

残業に低賃金…こんな時代にあえて言う!私が会社を大好きな理由

残業に低賃金…こんな時代にあえて言う!私が会社を大好きな理由の画像

週末に居酒屋を訪れると、目に入ってくるのは疲れを振り払うように酒を飲むサラリーマンの姿。聞こえてくるのは、会社への不満の声だ。度重なる休日出勤や残業、理解のない上司──不満を挙げ始めればキリがないが、「こんな時代に勤められる会社があるだけ幸せなことだ」と言い聞かせて、毎日通勤している方も多いはずだ。でも、世の中には自分の働く会社が大好きだという人も、もちろんいる。今日は、20〜30代男女から「会社のここが好き!」という声を集めた。管理職の立場にある方は、ぜひ働きやすい職場環境の参考にしてほしい。(取材・文/岡本実希、編集協力/プレスラボ)

■会社への満足度が低い日本職場に満足できない人が6割

 長時間労働、低い給料、理不尽な上司──こうした労働環境に対する不満を耳にする機会は多い。第一生命が毎年募集している「サラリーマン川柳」では、皮肉を込めて会社の日常を詠ったものが常に上位に入賞するなど、不満を抱える会社員が多い実情を反映している。

 総合人材サービス企業ランスタッド・ホールディングが世界主要25ヵ国で労働者に対して行った意識調査によると、日本で職場に満足している人の割合はわずか40%程度に過ぎないという。これはデンマークの84%、ノルウェー82%などに比べると非常に低い数字だ。
 
 しかし、1日の大半を過ごす会社への満足度が低いことは、そのまま人生の満足度の低下にもつながりかねない。今日はそんな現状を打開すべく20〜30代男女から「会社のここが好き!」いう声を集めた。管理職の立場にある方は参考にして、従業員が満足できる職場環境づくりをぜひ目指してほしい。また会社に不満を抱えるサラリーマンの方々は、自分にとって理想の労働環境を見つめ直したり、転職などの一歩を踏み出したりするきっかけにしてもらえればと思う。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)