「日本人悪人説」は過去、訪日旅行ブームが上海人の意識を変えた

「日本人悪人説」は過去、訪日旅行ブームが上海人の意識を変えた

上海の若者のほとんどが日本に旅行に来ている時代だPhoto by Konatsu Himeda

「ポスト爆買い」が上海市場をどう変えたのか、先週はこれについて現地で座談会をした際の模様を記事にした(2017年6月16日付け「上海の日本食品最新事情「日本ブランド絶対神話」は健在」)。その舞台は、“日本式デパ地下”を売りにする久光百貨店だが、03年の開業時期が日本の「観光立国化宣言」と時期が重ったこともあり、上海で日本ブランドの発信基地として急成長した百貨店でもある。

 拙筆のコメント欄に「懐かしい」という書き込みを頂戴したように、上海に駐在された方、あるいは出張された方の中には「お世話になった」と回顧される方も少なくない。筆者もまたその一人で、久光百貨は常に新鮮な話題を提供してくれた百貨店であり、今でもウオッチの対象であり続けている。

 日本産のコメやりんごも、久光百貨を通して中国市場に発信されたが、東日本大震災の原発事故で日本からの貨物の輸入は停止、その後、中国側が福島県を含む10都県からの食品輸入を規制したことで、日本食品の中国での販売は見通しが立たなくなってしまった。これに追い打ちをかけたのが12年の反日デモであり、日本ブランドは完全に出鼻をくじかれる格好になってしまった。

 しかし、日本への悪感情は持続せず、14年から一転して「訪日旅行ブーム」が沸き起こり、「爆買い現象」まで生んだ。今では「上海市民ならたいていの人が日本に行ったことがある時代」となり、上海市場は再び日本ブランド、特に「日本の食」を渇望するようになった。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)