孫社長が毎日やっている 「数字に強くなるトレーニング」とは?

わずか三十数年で8兆円企業へと成長したソフトバンク。多くの企業が日本経済の停滞に苦しむなか、圧倒的な拡大を続けることができたのは、「仕組み」を持っていたからだ。
ソフトバンクでは今も、6万人超の社員がこの「仕組み」を使っている。この手法があるからこそ、孫社長の思いもよらない奇策も実現できるのだ。
9年にわたり孫社長の右腕として活躍した元ソフトバンク社長室長・三木雄信氏の6万部突破のベストセラー『孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきたすごいPDCA』から一部抜粋して紹介する。

■「数字がわからない人」はどうすればいいのか?

「数字で語れない者は去れ!」

 孫社長が社員たちに求めることをひと言で表すなら、こうなります。

 どんな報告や相談にしろ、数字に基づいて話せない人間は評価されません。

 今日の売上や利益はなぜこの数字で、その理由や原因は何か。次は何を実行すれば、何%の数値改善が見込めるのか。

 すべてを数字で語れなければ、それこそ「次から君は来なくていい!」と言われて即刻退場です。

 経営者は誰もが数字を気にするものですが、孫社長のこだわりぶりは群を抜いていました。

 そして本人も、数字にめっぽう強い。

 社員が何日もかけて作り上げた複雑な資料も、ひと目見ただけで「この数字はおかしい」と鋭く間違いを指摘するので、社員たちは戦々恐々としていました。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)